新聞「夕刊フジ」(2011年9月26日発刊)

  

「夕刊フジ」お疲れクンの癒され探検記

【癒やされ探検記】
名力士が開業…中国整体術を取り入れた“健康回復館”
「心と体の健康回復館 ごっつハンド 新橋部屋」東京・新橋

三杉里-。その名前を聞いて胸を熱くする相撲ファンも多いはず。なんと今回、サラリーマンの聖地・新橋であの通算700勝を成し遂げた名力士・三杉里が開いている整体院を発見。お疲れクンの異名を持つ僕は「これは疲れている場合ではない!」と早速、部屋の門を叩きました。

 でもまあ名前を貸しているだけだろうと思いきや、本当にご本人がいるじゃありませんか。しかも三杉里さん自ら施術してくれると言うのです。しかし何でまた整体をやられているのでしょうか?

 「私が診てもらっていた先生が専門学校をやっていまして、そこで2年間学び、中国に留学して推拿(すいな・中国整体)も習得し、3年前、東京都中野区に1号店(中野部屋)をオープンしたんです」

 三杉里さんくらいになると相撲の世界で生きていく道もあったのでは?

 「部屋を持ちたいと思っていました。しかし相撲協会の規則が変わり、幕内に60場所以上在籍しないと新たに部屋を興せなくなってしまったんです。私が在籍したのは53場所でした。部屋を持ちたかったけど叶わなかったので、中野部屋、新橋部屋なんです」

 現役時代、劣勢を土俵際で逆転する「三杉里マジック」で観衆を沸かせた三杉里さんらしいザマ。カッコいいっす! いつ行けば会えるんですか?

 「新橋部屋には月曜日と水曜日います。他のスタッフも大変優秀ですのでご安心ください」

 そんなごっつハンドには噺家さんやスポーツ選手など著名人も多く訪れ、あの高見山さん(元東関親方)も週1回、新橋部屋に通っているんですって!

【施術内容】

 いよいよごっつハンド整体開始です。ごっつハンド整体とは? それは中国伝統の推拿の技術を基本に、三杉里さん自身が考案した独自の施術法。

 「学校で教わったこと、中国で学んだこと、現役時代に通った整体のいいところを取り入れています」

 ご自身が受けた施術を、他の人にもできるものなんでしょうか?

 「体が覚えているんです。いいという整体を聞けば、日本全国をまわって施術を受けました。やってもらううちに覚えていくんですね。他のお客さんに施術している風景を見るし、先生にも聞いたりして。17歳から3日に1回くらい受けてきましたから(笑)」

 と早速、中国の技術を駆使してくれます。揮法(コンポウ)といって、手の甲をローラーのように使う手技。

 「上の筋肉をほぐすことによって中のほうまで圧が浸透していき、もみ返しが来にくいんです。上の筋肉だけを押しているともみ返しが来ます」

 お次は一指禅(イッシセン)。こちらは親指ではじくように突く手技。揮法と一指禅を使って経絡を刺激してリンパの流れを良くし、筋肉や靭帯をほぐしたり、骨格を整えます。

 三杉里さんとのトークを楽しみながらごっつハンドを堪能です。

 「90歳の方もいらっしゃいます。あと85歳の方は腰の手術を失敗して歩けなくなってしまい車椅子生活だったんですが、週1回、1年通われて今ではゴルフをしています。今年の夏はお盆に8連チャンで軽井沢でゴルフをしてたそうです(笑)」

 なんたる回復ぶり…すごい…。土俵際ならぬ帰り際、三杉里さんから皆さんに朗報が。

 「新橋部屋には15分以上の施術でご利用いただけるお昼寝コースというのがありまして、30分のお昼寝1050円、60分以上2時間までは2100円なんですが、15分から60分くらいまでのお昼寝でしたらサービスします」

 例えば15分の施術なら30分のお昼寝を、60分の施術なら60分のお昼寝を、「夕刊フジを見た人にも見てない人にもサービスしますので是非寝ていってください(笑)」。太っ腹! これもまた三杉里マジック!? (小川康弘)

【店舗情報】

 心と体の健康回復館 ごっつハンド 新橋部屋(〒105-0003 東京都港区西新橋1の6の13 柏屋ビルB1F、(電)03・3504・0104)。11時~21時。土日祝休。基本整体コースのほかに温石整体コース、足もみすっきりコース、お昼寝コース、眼精疲労ケアなどがある。HPはhttp://www.misugisato.com/

 ※「夕刊フジまたはZAKZAKを見た」で30分3150円、60分6300円を半額(初回限定。10月末まで。要予約。新橋部屋のみ)